MAME大阪心斎橋TOP > 診療メニュー > 美ドルエイジAWARD 2016

美ドルエイジ

すべての女性は、明るく、前向きに、
そして美しく生きる権利がある。
それが、決して
年齢に左右されてはいけません。

むしろ、たくさんの経験を積んできた
40代〜60代の女性にこそ、
今をいきいきと、楽しく、美しく
生活していただきたい。
そう、私たちは願っています。

ミドルエイジを
()ビドルエイジ」へ。


湘南美容外科クリニックは、
今まで培ってきた美容・医療の技術で
サポートいたします。

そして、美ドルエイジへの
扉を開けた女性たちとともに、
さらに多くの女性との
共感の輪を広げるために、
「美ドルエイジ AWARD」を
開催いたします。

美ドルエイジ AWARD
賞品

グランプリ

賞品
トロフィー
副賞
豪華客船クルーズの旅 ペア旅行券
湘南美容外科施術チケット10万円分

準グランプリ・審査員特別賞

副賞
湘南美容外科施術チケット10万円分

写真はイメージです

美ドルエイジ AWARDに
谷垣医師が参加しました

Q 今回、モニターさんにとって重要となった施術を教えてください

A 「ボトックス」、「うるおいコラーゲンリフト」、「スプリングスレッドリフト」、「ヒアルロン酸注入」です。

Q その施術は、モニターさんのどのようなご不満をどのように改善されたのでしょうか

A 「ボトックス」は、表情じわが寄ってしまい、老けてみられることを解消します。
また、お肌にハリがなくなってこけてきた気がするというお悩みには「うるおいコラーゲンリフト」と「スプリングスレッドリフト」を行い、目元にたるみが出て開きにくくなったということで「ヒアルロン酸注入」を行いました。

Q お客様を施術するときに心がけていることを教えてください

A ひとりひとりのお悩みをしっかり聞き、その方の生活や状況に合わせたオーダーメイド治療を心がけています。また、一時的な治療ではなく、ご年齢やライフイベントを重ねていくなかで、長くその方の人生に関わることができるよう、将来も見据えた治療のご提案をさせていただいております。

Q 若返りたい女性へのメッセージをお願いします

A たった一ヶ月半で、人は切らずにここまで変われます。
女性の人生は、ほんの些細なきっかけで、ほんの小さな勇気で、大きく変わります。いつまでも美しくいることができたなら、歳を重ねることも怖くなくなるのではないでしょうか。美容医療の発展に伴って、キレイに歳を重ねることが可能な時代になりました。若返りたい、きれいになりたい、そう思った時がチャンスです。美しくなって、今よりもっとHAPPYな人生を送りませんか?

40代に入ってから肌全体に
ハリがなくなって、
げっそりしていたのが嫌で…

今は、10年前の写真の自分と
ほとんど変わらないことが、
とても嬉しい!

Q 応募のきっかけを教えてください

A 小学校で補助教員をやっていますが、気になっていたシワのことを、子どもたちに指摘されていました。怒っていたら「おでこにシワよってんでー」って余計にからかわれて。気にしているところに限って、子どもはえぐってくるんです。
そんなことがあり、今から2年前、湘南美容外科で額のリフトアップをやり、しわがきれいになりました。47歳のときです。その後、シミも気になりだしたので、お知らせメールでコンテストを知ったときに「この機会にシミケアをしよう!」ということで、応募しました。

Q 具体的にどの部位が気になっていましたか?

A シミ以外にも、頬が痩せて削げるというか、こけていたことがすごく気になっていました。同じくらいの年齢の人は「たるみ」を気にしている人が多いですが、私はたるみよりコケているんです。40代に入ってから、肌に全体的にハリがなくなっていって、げっそりとしていたのが嫌でした。

Q きれいになった今のお気持ちは?

A キレイになったのが嬉しくて、昔の写真を引っ張り出してみたんです。そしたら、10年前の写真とほとんど変わってない。頬がこけていく前と全然かわらない自分に、本当に嬉しくなりました。

Q どこが一番満足していますか?

A ハリが出たところですね。ふっくらして、5?6歳は確実に若返ったと思います。

Q 周囲の反応はいかがでしたか?

A 家族はキレイにはなったけど、もっとバッと変わるのかと身構えていたようです。私は自然がよくてホッとしました。娘は「顔があかるくなったねー」って言ってくれました。
コンテストのことは誰にも言ってなかったんですが、知人から「目元が変わったね?」って言われました。「やった!」って感じです(笑)。

Q キレイになり、これからやりたいことはありますか?

A 額はやはりどうしてもシワが戻ってきてしまうと思うので、なるべくキレイを維持していきたいと思います。メンテナンスもしていきたいですね。加齢はとめられません。それは素直に恐怖というか、怖いなと思いますが、美容整形で食い止められたらいいなって思います。

Q 美容整形についての感想をお聞かせください

A 大阪のなんばエリアの小学校に勤務していますが、教育+メンタル支援+家庭支援のようなジャンルで起業を考えています。この地域の子どもたちは環境がいろいろで、いろんな国の子どもたちが集まっているので、人種差別も普通にあったりするんです。
でも、言葉がけ一つで子どもは変わります。「ほんとはそうじゃないんだよ」っていう自信につながるようなことも学校のプログラムでは限界があるので、それを個人の仕事としてやりたいと思います。長所をのばせばいいのに欠点をみてしまう現状を変えたいんですね。
起業すると人前に出ることも増えていくと思います。だからこそ、外見が変わったことで自信ができて、よい方向にプラスになったと思います。

コンテストの様子は
こちらから